Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

大判カメラ

昨日コスモスの撮影のため京都の亀岡にコスモス園に行って来ました
京都丹波/亀岡『夢コスモス園』
一面コスモスが咲き乱れていて本当に綺麗な場所。

今回の本当の目的は前職の上司が大判カメラを始めたとかで、大判触れる機会なんて滅多に無いのでそれを使わせてもらうことでした。

シノゴ

という事で、まず触らせてもらったのが 4x5(シノゴ)。
こんなのです
DSC_3746※写真の人が前職の上司で、顔写真掲載は本人の許可を取っています
写真館でしか見た事無いようなカメラ登場。
大判カメラの醍醐味はありえんぐらい全体にフォーカスがバシッとあった超高解像度なパンフォーカス撮影でその撮り方を教えてもらったんですが、その手順がこんな感じ

  1. 撮影場所、角度、構図を決める
  2. 三脚を建ててカメラを設置する
  3. 以下をフォーカスが全体に当たるまで繰り返し
    • 前面の角度を変えて全体にフォーカスが会うようにする
    • フォーカスがズレてボケるのでスライドで前後させてフォーカスを合わす
  4. ある程度フォーカスが合ったらルーペを使って更に緻密に合わせる
  5. 絞りを決めて絞って感じを見て調整
  6. フィルムホルダーを挟む
  7. 露出計で光量を測ってシャッタースピードを決める
  8. シャッター試し切り
  9. フィルムの遮光カバーを外す
  10. シャッターを切る
  11. フィルムの遮光カバーを戻す
  12. フィルムホルダーを取り出す

像がスクリーンに映るんですが、とにかく綺麗!それを見ているだけでも楽しかったです。所要時間はピント合わせに20分〜30分。1回の撮影で頑張っても3枚〜4枚が限界。ピント調整中は布をかぶるので結構怪しい格好になります。
f:id:shoichimasuhara:20131015140641j:plain※左は id:murata_s
昨日帰ってからそっこーで現像してくれはったみたいで早速写真が上がって来ました。
4x5
是非オリジナルサイズを見てみてください。

バイテン

次に出してきはったのが自作の 8x10 (エイトバイテン、バイテン)
レンズ・三脚以外ホームセンターで買ってきた材料で自作って・・・
DSC_3804
でかい。本当にでかかったです。そしてこれで撮影された写真がこちら
8x10

コスモス

↓はNikon D7000で僕が撮った写真ですが綺麗な写真が1枚だけでも撮れてよかったよかった (ほかは全滅
DSC_3774

大判カメラで撮影するという滅多にない機会を経験でして本当に楽しかったです。
4x5なら手を出しても…と思いつつ自家現像も込で考えないといけないのでなかなかハードル高い感じですが…