Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

登山の効果

2013年11月2日、登山を始めた頃に滋賀県比良山系武奈ヶ岳に登った時の写真
f:id:shoichimasuhara:20150802193402j:plain
そして↓が約1年後の2014年10月11日に長野県中央アルプス木曽駒ヶ岳に登った時の写真
f:id:shoichimasuhara:20150802193406j:plain
赤い服着てるのが僕で、隣は同僚の山仲間。二人とももともと肥満体型ではないのでわかりにくいけど、少しは引き締まった感じになったかな?

谷川岳

ステキな山でした

写真ブログに1枚

shoichiphotos.hatenablog.com

春を感じるとき

やっぱり、桜が満開になった時ですよね

今週のお題特別編「春を感じるとき」
〈春のブログキャンペーン 第1週〉

株式会社はてなに入社しました

株式会社はてなに入社しました *1

株式会社はてなに入社しました - hitode909の日記

*1:もうはてな社員になって4年目突入してるのか…

自衛隊、服務の宣誓 と かぼちゃ

服務の宣誓

私は、-----------------------------------------------------------------------------------------D
わが国の-D                                                                                     |
    平和と-D                                                                                   |
      独立を-D                                                                                 |
          守る-D                                                                               |
        自衛隊の-D                                                                             |
            使命を-D                                                                           |
            自覚し、-----D                                                                     |
        日本国憲法及び-D |                                                                     |
                  法令を-D                                                                     |
                  遵守し、-------D                                                             |
                  一致団結、-----D                                                             |
                        厳正な-D |                                                             |
                          規律を-D                                                             |
                          保持し、-----D                                                       |
                                常に---D                                                       |
                                徳操を-D                                                       |
                                  養い、---D                                                   |
                                    人格を-D                                                   |
                                    尊重し、---D                                               |
                                        心身を-D                                               |
                                        きたえ、---D                                           |
                                            技能を-D                                           |
                                            みがき、---D                                       |
                                          政治的活動に-D                                       |
                                              関与せず、-----------------------------------D   |
                                                      強い-D                               |   |
                                                    責任感を-D                             |   |
                                                        もつて-----------------------------D   |
                                                      専心職務の-D                         |   |
                                                    遂行にあたり、-------------------------D   |
                                                                事に-D                     |   |
                                                              臨んでは---D                 |   |
                                                                  危険を-D                 |   |
                                                                  顧みず、---------D       |   |
                                                                        身を-D     |       |   |
                                                                        もつて-----D       |   |
                                                                          責務の-D |       |   |
                                                                            完遂に-D       |   |
                                                                              務め、-------D   |
                                                                                もつて-----D   |
                                                                                  国民の-D |   |
                                                                                    負託に-D   |
                                                                                    こたえる-D |
                                                                                        ことを-D
                                                                                      誓います。

でかい壁に登ってきた

グラビティリサーチ神戸アネックスにあるこういうやつ
f:id:shoichimasuhara:20150207152642j:plain
この壁でロープクライム1回と隣にあるボルダリングの壁数回登ってきた。

山のぼり大好き という番組のファンミーティングイベントでタダでロープクライミング出来るということで行ってきた。三宮はなかなか遠かった。

参加してた人は山屋な人が多くおおよそおっちゃん。クライミングは初めての人が多くムーブがわからず四苦八苦。僕自身の感想では、ロープクライミングトップロープだったし登ってる最中は上向いててボルダリングと変わらんけど降りる時は下を見て結構高さを感じた(けど怖くはない)。
前に行った外壁は50mだったのでそっちのほうが高いんだけど、ハングしてる分下がまっすぐ見えて高度感でたのかな?外壁マルチピッチだとさすがに怖いんだろうな、と。
とりあえずインドアロープ初体験終了。

ジムの人に話しかけていろいろ聞いてみると

  • なんばのほうが壁が高い (神戸アネックスが8~10mくらい、なんばは12mくらい)
  • グラビティリサーチはルートセッターが多いからコースに偏りがない
  • ビレイヤーはビレイ回数券買うとスタッフがやってくれる

とか言っていた。そのうちなんば行ってみるか。

帰ろうとした時に岩稜帯におけるトラバース講座というのが始まったので踏みとどまって参加。解説を聞きながら実際にトラバースをやるというのだったけど、実際にトラバースやってる際に、全身 Mammut な格好で行ったがためにガイドの人に「Mammutの人」と呼ばれてしまった。まあそうなるわな

講座終了後そのガイドの人に「中だとホールドがわかりやすいしムーブも慣れてきたけど外だとわけわからなくなって困ってます」と言う話をしたら「まー外は岩質によってもムーブが変わるしインドアと同じく数やって慣れるしか無いですねー」との事だった。岩稜帯もぼちぼち行って慣れるしか無い、か。自分は山半分壁半分な感じなのでロープクライムとか楽しめたけど、ボルダラーはボルダリングでいい気はした。

山のぼり大好き、DVD発売されないかな?(もうあったりして

縦方向の写真はブログに貼りづらい

のでこっちのブログに貼ってみる


ISO 12233 Test Chart

このようなものを見つけた
ISO 12233 Test Chart
D7000でA4用紙に印刷したものを撮影。こんなもんなんかな?なんかピントがぼんやりしてるような。しかしそもそもちゃんとしたテストの仕方を知らない。

Sigma 18-50mm F2.8-4.5 DC OS HSM



ちゃんとしたライトもないしあかんな

「遠くへ行きたい」 #地元発見伝

奥穂とか前穂とか行きたいのぅ

「遠くへ行きたい」 #地元発見伝
https://www.google.com/maps/preview?q=36.289339%2C137.647841
穂高連峰

地元の魅力を発見しよう!特別企画「地元発見伝
http://partner.hatena.ne.jp/jimoto/